だんだんよくなる熟女キャバクラ

誕生の理由

熟女キャバクラが生まれたのは時代の流れで当然のことかも。

熟女と言っても実際にはそれほど高齢ではなく、30代中心の店が人気 のようです。 これまでは20歳~25歳くらいでキャバクラ嬢としてデビューし、 25歳~35歳くらいで高級クラブやラウンジに移行し、 それ以上になったらスナックで働いたり独立してお店のママになったりと いうのが一般的なお水業界のキャリアでした。 そのため熟女キャバクラという分野は存在しませんでした。 つまりクラブやスナックが「熟女」の部分の役割を担っていたのです。 キャバクラは高級クラブやラウンジよりも気軽に遊べるということで 増加の一途をたどってきましたが、その分会社の交際費や接待費で飲む クラブやラウンジからはお客が離れてしまいました。 そういったお店が減少するのも必然で、キャバクラを卒業した女の子の 受け皿として機能しなくなってきていました。 またお店側としても、それまで働いてきた女の子がクラブやラウンジなど 他店に移ってしまうくらいなら、受け皿として系列の熟女キャバクラ を作ってそこでもうしばらく働いてもらった方がキャバ嬢の在籍数が 安定するというメリットもあります。 こういった考えからその年齢層のキャバ嬢の新たな受け皿として登場したのが 熟女キャバクラでしょう。 キャバ嬢のサイクルを考えても熟女キャバクラが誕生したのは当然のことで、 遅かれ早かれ当たり前のような感じもします。 他にもお水経験者以外の働きたい熟女・人妻の受け皿にもなっており、 特に朝キャバ・昼キャバは人妻が多く在籍しています。 インターネットの普及と求人ポータルサイトによってさらに気軽に高収入の夜の世界に入りやすくなっています。今後は主婦のパート先として、こういったお店も主流になっていくのかも しれません。